経済学  [Economic]

開講情報
2年次 前期 講義 1.5単位 選択
担当教員
非常勤講師 廣重 準四郎   
備考  

●概要
 経済学の基礎概念をおさえながら、経済学の諸理論にも目配りしつつ、経済社会の歴史的発展をたどり、現代資本主義の本質に迫る。それをふまえて戦後日本経済のあゆみを跡づけ、現代社会の諸問題への経済学的アプローチも試みる。

●授業の一般目標
 人間社会を支える重要な基礎である経済活動を同時代的および歴史的にとらえる視点に立ちながら、現代資本主義の構造的理解を目指す。

●準備学習(予習・復習)
 毎回の授業の復習と次回の予習のために毎週150分程度の学修を行うこと。復習のポイントと予習すべき事項についてはその都度指示する。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標
1 イントロダクション 廣重 授業の進め方、到達目標、成績評価法、禁止事項などについて詳しく説明する。
2 経済学の基礎概念(1) 廣重 富、生産力、生産関係、生産様式について理解する。
3 経済学の基礎概念(2) 廣重 商品、貨幣、市場について理解する。
4 経済学の諸理論(1) 廣重 黎明期から古典派までの議論の要点を理解する。
5 経済学の諸理論(2) 廣重 新古典派以降の近代経済学およびマルクス経済学の基本的な議論を理解する。
6 経済社会の発展(1) 廣重 経済社会の歴史をとらえる基本的な視角ついて理解する。
7 経済社会の発展(2) 廣重 原始共同体社会から奴隷制社会までについて理解する。
8 経済社会の発展(3) 廣重 封建制社会から資本主義社会までについて理解する。
9 資本主義経済の機構(1) 廣重 資本主義社会の基本構造と外見的特徴について理解する。
10 資本主義経済の機構(2) 廣重 利潤の源泉と発生のメカニズムについて理解する。
11 日本経済のあゆみ(1) 廣重 戦前日本経済の特徴および戦後復興について理解する。
12 日本経済のあゆみ(2) 廣重 高度成長期から安定成長期までについて理解する。
13 日本経済のあゆみ(3) 廣重 「バブル経済」崩壊以降について理解する。
14 現代社会の諸問題 廣重 環境問題・資源問題の本質などについて理解する。
15 総括・まとめ    

●教科書
書名 著者名 出版社名
使用しない。(レジュメを配布する。)


●参考書
書名 著者名 出版社名
授業の際に随時紹介する。



●成績評価法方法・基準
 定期テスト(100%)で評価する。

●評価のフィードバック
 成績評価の講評については、合否の発表後に個別に対応する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 授業終了後に質問を受け付ける。

▲PAGE TOPへ