調剤学  [Dispensing Pharmacy]

開講情報
4年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 西口 工司 講師 辻本 雅之 助教 峯垣 哲也
備考  

●概要
 特定患者の疾患治療を目的として発行される医薬品の指示書が「処方せん」である。また、「調剤」は、処方せんにより特定患者の特定疾患に対する医薬品を、特定の使用法に適合するように調製し、患者に交付する業務をいい、薬剤師の職能によって患者に投与する医薬品の品質、有効性及び安全性が確保されることを目的としている。
 本講では、「処方せん」にあらわれる各種医薬品の剤形、用法・用量、禁忌、配合変化、相互作用、投与方法等、調剤上注意すべき事項に関して解説する。

●授業の一般目標
 医療チームの一員として調剤を正確に実施できるようになるために、処方せん授受から服薬指導までの流れ、ならびに調剤上注意すべき事項に関連する基本的知識を修得する。

●準備学習(予習・復習)
 事前に教科書の該当箇所や配布したプリントに目を通すなど、予習した上で講義に臨むこと。受講後は、必ず講義当日のうちに練習問題を使用するなどして復習すること。予習と復習を合わせて1週あたり150分程度の学修が必要である。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 処方せんと調剤(1) 西口 処方せんの法的位置づけ、機能、必要記載事項などを説明できる。 D1-(1)-1,2,5
D1-(2)-1,2,3
2 処方せんと調剤(2) 西口 調剤を法的根拠に基づいて説明できる。 D1-(1)-1,2,5
D1-(2)-4
3 処方せんと調剤(3) 西口 注射剤の調剤について概説できる。 D1-(1)-2,5
D1-(2)-1,2,3,4
D1-(4)-17
4 処方せんと調剤(4) 西口 処方せん鑑査における注意点を説明できる。 D1-(2)-3,5,6
5 調剤の実際(1) 西口 計数調剤について説明できる。 D1-(2)-8,13,14
6 調剤の実際(2) 西口 計量調剤について説明できる。 D1-(2)-8,13,15
7 調剤の実際(3) 西口 患者に適した剤形、用法・用量について説明できる。 D1-(2)-6,8,9,10,11
B-(1)--3
8 調剤の実際(4) 西口 調剤された医薬品の鑑査について説明するとともに、服薬指導の意義を概説できる。 D1-(2)-8,12,13,14,15,16
9 薬物相互作用(1) 辻本 吸収過程における代表的な薬物相互作用の機序について説明できる。
☆吸収過程における薬物相互作用について実例をあげて説明できる。
D1-(3)-8
C13-(1)--7
10 薬物相互作用(2) 辻本 分布過程および代謝過程における代表的な薬物相互作用の機序について説明できる。
☆分布過程および代謝過程における薬物相互作用について実例をあげて説明できる。
D1-(3)-8
C13-(1)--7
11 薬物相互作用(3) 辻本 排泄過程における薬物相互作用および薬力学的相互作用の機序について説明できる。
☆排泄過程における薬物相互作用および薬力学的相互作用について実例をあげて説明できる。
D1-(3)-8
C13-(1)--7
12 疑義照会(1) 峯垣 疑義照会の意義と法的根拠、流れについて説明できる。 D1-(2)-6
D1-(3)-1,4,9
13 疑義照会(2) 峯垣 代表的な医薬品について効能・効果、用法・用量を列挙でき、配合変化の組合せとその理由を説明できる。 D1-(2)-7
D1-(3)-2,6
14 疑義照会(3) 峯垣 代表的な医薬品について警告、禁忌、副作用を列挙できる。 D1-(3)-7
15 総括・まとめ      

●教科書
書名 著者名 出版社名
未定(出版準備中)
著者:西口工司、辻本雅之、峯垣哲也
京都廣川書店
プリントを適宜配布


●参考書
書名 著者名 出版社名
医療薬学 (第6版)
監修:堀了平、奥村勝彦、乾賢一
廣川書店
第十三改訂 調剤指針
編集:日本薬剤師会
薬事日報社
実務実習事前学習のための調剤学(改訂版)
編集:厚田幸一郎ほか
廣川書店

●成績評価法方法・基準
 定期試験(前期)にて、講義内容の理解を問う(100%)。

●評価のフィードバック
 合格発表以後、個別に対応する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 オフィスアワー:木曜日の12:30〜13:30
 なお、出張等で不在となる場合があるので、事前にメール等で日時を確認することが望ましい。
 場所:臨床薬学分野(愛学館5階)の教授室;西口、情報処理室;辻本、第一研究室;峯垣

▲PAGE TOPへ