英語1A  [English 1A]

開講情報
1年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 鈴木 栄樹 教授 野崎 亜紀子  
備考  

●概要
 30名程度のクラスで、「300語程度のモデル英文を読み、豊富な問題量をこなしながらライティング力の養成を図る」テキストを使用する。各Chapterを消化していくことで、さまざまなトピックを素材に、コロケーション(連語/語句間の慣用的な結びつき)や文法事項をふまえてライティング・スキルを向上させていっていただきたい。

●授業の一般目標
 高校までの文法事項の整理・定着を図ることによって、基本的なライティング・スキルを習得し、日常的な英語表現をできるだけ幅広く身につける。と同時に、科学英語や薬学英語の基礎ともなるような英語力をアップしてほしい。

●準備学習(予習・復習)
 予習復習を合わせて1週あたり150分程度の学修が必要である。予習としては、各ChapterのTextをノートに書き写すとともに、Exercisesを最初は自力で、次に辞書等を用いて解いてくること。授業はそうした予習をしているものとの前提で行う。その後、時間をあまりあけずに復習し、授業内容の定着を図ること。また、さまざまな英語表現を自分自身で、また友だち同士でも試みてください。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標
1 Chapter 1 Fast Food: Nothing New under the Sun! 鈴木・野崎 文法事項としては、whyの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
2 Chapter 2 Famous Dogs 鈴木・野崎 文法事項としては、who, whomの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
3 Chapter 3 When Was it Invented? 鈴木・野崎 文法事項としては、whenの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
4 Chapter 4 Never Give Up: An Anti-Bullying Song 鈴木・野崎 文法事項としては、howの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
5 Chapter 5 The Migration of the Monarch Butterflies 鈴木・野崎 文法事項としては、whereの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
6 Chapter 6 New Foods from the New World 鈴木・野崎 文法事項としては、whatの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
7 Chapter 7 ForeignLanguage Study Makes You a Global Citizen 鈴木・野崎 文法事項としては、助動詞の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
8 Chapter 8 Isaac Lufkin: The Armless Football Player 鈴木・野崎 文法事項としては、動名詞と現在分詞の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
9 Chapter 9 Atlantis, the Lost Empire: Fact or Fiction? 鈴木・野崎 文法事項としては、現在完了形と現在完了進行形の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
10 Chapter 10 Pope Francis: A New Kind of Pope 鈴木・野崎 文法事項としては、接続詞の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
11 Chapter 11 The Power of Meditation 鈴木・野崎 文法事項としては、比較級の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
12 Chapter 12 Sedona: Harmony with Nature 鈴木・野崎 文法事項としては、仮定法現在のifの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
13 Chapter 13 Malala: Champion of Education 鈴木・野崎 文法事項としては、仮定法過去と仮定法過去完了のifの使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
14 Chapter 14 Universities: Past, Present and Future 鈴木・野崎 文法事項としては、挿入句の使い方、また、それらをふまえた英語表現を学ぶ。
15 総括・まとめ    

●教科書
書名 著者名 出版社名
Read Well, Write Better
Joan McConnell, 武田修一, 山内圭
SEIBIDO(成美堂)

●成績評価法方法・基準
 定期試験の成績を主とし(70%)、予習・復習の程度(プリントの整理・ノートづくり等)、質問など授業への積極度、課題提出など(30%)を加味して評価する。

●評価のフィードバック
 講評は、合格発表日に掲示にて公開する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 基本的には金曜日の午後3時30分~5時30分をオフィスアワーとするが、所用が入ることもあるので、 必ず事前にアポイントメントをとってほしい。詳しくは、初回の授業の際に説明する。

▲PAGE TOPへ