物理化学実習  [Physical Chemistry, Lab.]

開講情報
2年次 前期 実習 0.5単位 必修
担当教員
教授 斎藤 博幸 助教 扇田 隆司 学生実習支援センター 教員
備考  

●概要
 物理化学は、物質の構造、状態、変化についての化学の法則や理論を体系的に取り扱うが、化学のもとになっている原理を理解し、実際の問題に適用する方法論を示してくれるという点で、薬学を含む自然科学分野の基本となる学問である。物理化学実習では、反応速度を測定し、速度定数を求めるための基本的技能を習得するとともに、薬学領域で重要な物理化学の項目に関する知識を習得する。

●授業の一般目標
 薬物の(擬)一次反応の反応速度を測定し、得られた結果より速度定数を求める。さらに、吸着平衡・相平衡およびコロイドの基本的性質を観察することで、薬学領域で重要な物理化学の項目について理解を深める。

●準備学習(予習・復習)
 事前に実習書や教科書の該当箇所を60分程度読み、よく理解した上で実習に臨むこと。また、実習後90分程度の実習内容の復習を行うこと。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 アスピリンの加水分解速度の測定 全員 アスピリンの加水分解反応を測定することで、(擬)一次反応を理解し、速度定数を求めることができる。 C1-(3)-①-1,4
2 SDS水溶液の電気伝導率の測定 全員 界面活性剤の吸着平衡およびコロイドの性質について説明できる。 E5-(1)-③-1,2
C1-(2)-⑥-3
3 融点測定による二成分系の固液平衡相図の作成 全員 粉末薬物の混合による融点降下を測定することで、二成分系(固液平衡)について理解し、その特徴を説明できる。 C1-(2)-⑤-1,2,3
4 実習講義・まとめ 全員 反応速度・相平衡・吸着平衡・コロイドに関する基本法則について説明できる。 C1-(3)-①-1,4
C1-(2)-⑥-3
E5-(1)-③-1,2
C1-(2)-⑤-1,2,3

●教科書
書名 著者名 出版社名
実習書を配布する。


●参考書
書名 著者名 出版社名
ベーシック薬学教科書シリーズ3 物理化学
石田寿昌 編
化学同人

●成績評価法方法・基準
 全実習項目へ遅刻・早退せず出席すること、レポートの期限内提出、及び実習試験の受験は必須とする。なお、点数配分は、レポート(70%)、実習試験(30%)とする。

●評価のフィードバック
 講評は、合格発表日に掲示にて公開する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 斎藤:火曜日、水曜日、木曜日の 17:00~18:00(躬行館4階)
 扇田:火曜日、水曜日、木曜日の 17:00~18:00(躬行館4階)
 ※オフィスアワー以外の曜日や時間帯での質問の場合はメール等で前もって連絡してください。

▲PAGE TOPへ