感染症治療学  [Antimicrobial Chemotherapeutics]

開講情報
3年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 藤室 雅弘 教授 小田 真隆  
備考  

●概要
 感染症は臨床各科に共通した重要な疾患であり、治療の適否は人命を左右する場合もある。感染症の予防と治療には、主としてワクチンや抗微生物薬が使用され、大きな臨床効果をもたらしてきた。しかし、抗微生物薬の乱用・繁用により、それらに対して耐性を示す微生物の出現が世界的な問題となっている。本講義では、薬剤師として必須なワクチンや抗微生物薬について解説する。さらに、抗菌薬適正使用に向けた試みに関しても概説する。

●授業の一般目標
 ワクチンや抗微生物薬の種類や作用メカニズム、使用法、さらには耐性微生物の耐性化機構を理解し、説明できることを目標とする。

●準備学習(予習・復習)
 講義では教科書を用いて重要ポイントを明示するので、復習中心の学習を心掛けること。予習復習を合わせて1週あたり150分程度の学修が必要である。内容については、その都度指示する。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 抗微生物薬概説 小田 抗微生物化学療法の歴史を知り、現代の治療はどうあるべきか、また感染症治療で重要な概念について説明できる E2-(7)-①-1
E2-(7)-③-1,2,3,4,5,6,7,8,9,10
2 抗菌薬の作用メカニズム 小田 抗菌薬のグループと作用メカニズムを説明できる C5-(2)-②-2
E2-(7)-①-1
3 抗菌薬の基本構造 小田 抗菌薬のグループと基本構造を説明できる E2-(7)-①-1
E2-(7)-⑩-1
4 抗菌薬と感染症治療#1 小田 β-ラクタム系薬、グリコペプチド系薬、ホスホマイシン、ペプチド系薬の種類・特徴・適応を説明できる E2-(7)-①-1
5 抗菌薬と感染症治療#2 小田 アミノグリコシド系薬、マクロライド系薬、リンコマイシン系薬、テトラサイクリン系薬、クロラムフェニコールなどの種類・特徴・適応を説明できる E2-(7)-①-1
6 抗菌薬と感染症治療#3 小田 オキサノリジノン、ムピロシン、キノロン系薬の種類・特徴・適応を説明できる E2-(7)-①-1
7 抗菌薬と感染症治療#4 小田 サルファ薬、トリメトプリム、抗結核薬、抗ハンセン病薬の種類・特徴・適応を説明できる E2-(7)-①-1
8 抗菌薬耐性菌と抗菌薬適正使用#1 小田 抗菌薬耐性菌の出現と拡散を説明できる E2-(7)-②-1
9 抗菌薬耐性菌と抗菌薬適正使用#2 小田 1) 抗菌薬の選択に必要なブレイクポイントMIC、殺菌性、静菌性、PAE効果、PK/PDを説明できる2) 抗微生物薬の副作用と相互作用を説明できる C14-(5)-②-11,12
10 抗ウイルス薬と感染症治療#1 藤室 重要なウイルス薬(抗ヘルペスウイルス薬、抗インフルエンザウイルス薬)の種類・特徴・作用メカニズム・適応を説明できる E2-(7)-④-1,2,3
11 抗ウイルス薬と感染症治療#2 藤室 重要なウイルス薬(抗HIV薬、抗肝炎ウイルス薬)の種類・特徴・作用メカニズム・適応ならびに抗ウイルス薬の併用療法を説明できる E2-(7)-④-4,5,6
12 抗真菌薬と感染症治療 藤室 抗真菌薬の種類・特徴・作用メカニズム・適応を説明できる E2-(7)-⑤-1,2
E2-(6)-③-2
13 抗寄生虫薬と感染症治療に使用される生物学的製剤 小田 1) 抗寄生虫薬、抗原虫薬の種類と適応を説明できる
2) 抗体製剤や血液製剤などの種類を説明できる
E2-(7)-⑥-1,2
14 感染症治療症例 小田 ☆実際の感染症治療症例をもとに感染症治療における抗菌薬の選択・使用を説明できる
15 総括・まとめ      

●教科書
書名 著者名 出版社名
薬学領域の病原微生物学・感染症学・化学療法学(第3版)
増澤俊幸、河村好章 ほか
廣川書店
●参考書
書名 著者名 出版社名
戸田細菌学 第34版
吉田真一 ほか
南山堂

●成績評価法方法・基準
 定期試験(100%)の成績を基準に評価する。原則として出席はとらないが、試験に合格するためには、講義への出席は必須である。

●評価のフィードバック
 講評は、合格発表日に掲示にて公開する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 小田:火曜日 12時30分~13時30分(愛学館6F)
 藤室:火曜日 12時30分~13時30分(南校舎S棟2F)
 ※会議・出張等で不在のこともあるので、事前にメール等で尋ねることが望ましい。

▲PAGE TOPへ