公衆衛生学B  [Public Health B]

開講情報
3年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 渡辺 徹志 講師 長谷井 友尋 助教 松本 崇宏
備考  

●概要
 公衆衛生学とは、個人あるいは共同社会の組織的な活動を通じて、疾病を予防し身体的・精神的健康を維持・増進するための科学である。本科目では、上水・下水・環境水、室内・大気環境、地球環境、廃棄物管理、有害物質規制などについて学ぶ。

●授業の一般目標
 私達が生活してる環境を保全・維持できるようになるため、環境汚染物質の成因、人体影響、汚染防止などに関する基礎知識と技能を修得する。

●準備学習(予習・復習)
 毎回、講義の予習として教科書の該当する項を読んだ上で講義に臨むこと。受講後は、教科書・プリント・ノート等を読み返し、演習問題を行い復習すること。予習と復習を合わせて1週あたり150分程度の学修が必要である。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 上水-1 渡辺 原水の特徴、水の浄化法などについて説明できる。 D2-(2)-③-1,2
2 上水-2 渡辺 水道水の水質基準の意味、測定法などについて説明できる。 D2-(2)-③-3
3 上水-3
水質汚濁-1
松本 水の塩素消毒について説明できる。
水質汚濁の指標などについて説明できる。
D2-(2)-③-2
D2-(2)-③-5
4 水質汚濁-2、下水 松本 富栄養化の原因、下水処理などについて説明できる。 D2-(2)-③-4,6
5 室内環境 渡辺 室内環境の指標などについて説明できる。 D2-(2)-⑤-1,2
6 非電離放射線 渡辺 非電離放射線の特徴などについて説明できる。 D2-(1)-④-4
7 大気環境-1 渡辺 大気汚染の指標、測定法などについて説明できる。 D2-(2)-④-1,3
8 大気環境-2 渡辺 大気汚染の現状、対策などについて説明できる。 D2-(2)-④-1
9 生態系、地球環境 長谷井 生態系の特徴、地球規模の環境問題などについて説明できる。 D2-(2)-①-1~4
10 廃棄物 長谷井 廃棄物処理の種類、問題点などについて説明できる。 D2-(2)-⑥-1~3
11 環境保全と法的規制 長谷井 典型七公害などについて説明できる。 D2-(2)-②-1~3
12 解毒処置法 長谷井 中毒原因物質の解毒処置法などについて説明できる。 D2-(1)-①-6
13 有害物質-1 長谷井 有害化学物質(揮発性薬毒物など)の毒性などについて説明できる。 D2-(1)-①-3,7
14 有害物質-2 長谷井 有害化学物質(麻薬、覚せい剤など)の毒性などについて説明できる。 D2-(1)-①-4,5
15 総括・まとめ      

●教科書
書名 著者名 出版社名
考える衛生薬学 第4版(第9刷)
平山晃久 他
廣川書店
パザパ薬学演習シリーズ 衛生薬学 第2版
緒方、川崎、閔、渡辺
京都廣川書店
●参考書
書名 著者名 出版社名
スタンダード薬学シリーズ5 健康と環境 第2版
日本薬学会 編
東京化学同人

●成績評価法方法・基準
 定期試験(100%)の成績により評価する。

●評価のフィードバック
 講評は、合格発表時に掲示にて公開する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 オフィスアワー:火・水・木の17:00~18:00(S棟1階)
 出張等でオフィスアワーを持てないときもありますので、メール等で事前に連絡を下さい。

▲PAGE TOPへ