テーラーメイド薬物治療学  [Tailor-made Pharmacotherapeutics]

開講情報
3年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 西口 工司 教授 栄田 敏之 講師 辻本 雅之
講師 伊藤 由佳子 助教 河渕 真治 助教 峯垣 哲也
備考  

●概要
 患者の生理的状態や疾患の状態などを考慮して、患者個々に投与設計を行うことをテーラーメイド薬物治療という。患者の遺伝的素因に基づく薬物治療の個別化を指すことが多いが、一方で、年齢、性別、体重、腎機能などを考慮した投与設計も、テーラーメイド薬物治療の一手法といえる。
 本講義では、患者個々に合理的な薬物療法を行うために、少し複雑な系における薬物動態と投与計画の基本を理解した上で、合併症、遺伝的素因、年齢的要因、生理的要因を考慮した薬物治療の個別化に関して学習する。

●授業の一般目標
 個々の患者に応じた投与計画を立案できるようになるために、薬物治療の個別化に関する基本的知識と技能を修得する。

●準備学習(予習・復習)
 事前に教科書や配布したプリントに目を通すなど、予習した上で講義に臨むこと。受講後は、必ず講義当日のうちに講義内容を見直し、練習問題を使用するなどして復習すること。予習と復習を合わせて1週間あたり150分程度の学修が必要であると考えられる。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 テーラーメイド薬物治療とは 栄田 テーラーメイド薬物治療の概念を理解する。 E4-(2)-②-3
2 非線形薬物動態 栄田 非線形薬物動態を理解する。 E4-(2)-①-3
3 線形2-コンパートメントモデル解析 栄田 線形2-コンパートメントモデルを理解し、薬物動態パラメータを算出する。 E4-(2)-①-1
4 投与計画の基本 (1) 伊藤 投与計画に関する基本的な考え方を理解する。 E4-(2)-①-2
5 投与計画の基本 (2) 伊藤 蓄積率、負荷投与量の考え方を理解する。非線形薬物動態時の投与計画を理解する。 E2-(5)-③-1, E2-(6)-④-1,
E4-(2)-②-3
6 合併症を考慮した薬物治療 (1) 辻本 腎機能低下時における薬物動態と、薬物治療・投与設計について注意すべき点を説明できる。 E3-(3)-③-1、F-(3)-③-1, 2
7 合併症を考慮した薬物治療 (2) 辻本 肝機能低下、心機能低下、低アルブミン血症などの患者における薬物動態と、薬物治療・投与設計において注意すべき点を説明できる。 E3-(3)-③-2,3、E3-(3)-④-3、F-(3)-③-1, 2
8 ポピュレーションファーマコキネティクス 河渕 ポピュレーションファーマコキネティクスを理解する。 E4-(2)-②-4
9 血中濃度測定による薬物治療の個別化 辻本 治療薬物モニタリング(TDM)の意義を理解する。また、TDMが必要とされる代表的薬物を列挙し、それぞれの特徴を理解する。 E2-(1)-④-1、E2-(2)-④-1、E2-(3)-④-1、E2-(4)-③-1、E2-(7)-⑩-1、 E4-(2)-②-1,2,3、
F-(3)-④-5
10 遺伝的素因を考慮した薬物治療(1) 西口 薬物の作用発現に及ぼす代表的な遺伝的素因について、例を挙げて説明できる。 E3-(3)-①-1,3、E3-(3)-⑤-2
11 遺伝的素因を考慮した薬物治療(2) 西口 薬物動態に及ぼす代表的な遺伝的素因について、例を挙げて説明できる。 E3-(3)-①-2、3
12 年齢的要因を考慮した薬物治療 西口 新生児、乳児、幼児、小児、高齢者に対する薬物治療で注意すべき点を説明できる。 E3-(3)-②-1、2
13 生理的要因を考慮した薬物治療 峯垣 妊娠・授乳期における薬物動態と、生殖・妊娠・授乳期の薬物治療で注意すべき点を理解する。 E3-(3)-④-1, 2, 3
14 テーラーメイド薬物治療の意義と薬剤師の役割 西口 テーラーメイド薬物治療における薬剤師の役割を理解する ☆ E3-(3)-⑤-1
15 総括・まとめ      

●教科書
書名 著者名 出版社名
実践 薬物速度論
栄田敏之、伊藤由佳子、河渕真治
京都廣川書店
未定(出版準備中)
西口工司、辻本雅之、峯垣哲也
京都廣川書店

●成績評価法方法・基準
 定期試験の成績にて評価する。(100%)

●評価のフィードバック
 合格発表以後、個別に対応する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 オフィスアワー:木曜日の12:30~13:30
 なお、出張等で不在となる場合があるので、事前にメール等で日時を確認することが望ましい。
 場所 西口・辻本・峯垣:臨床薬学分野 (本校地愛学館5階)、栄田・伊藤・河渕:薬物動態学分野(南校地S棟3階)

▲PAGE TOPへ