医療薬学A  [Clinical Pharmacy A]

開講情報
4年次 前期 講義 1.5単位 必修
担当教員
教授 楠本 正明 講師 今西 孝至 講師 本橋 秀之
講師 河野 修治   
備考  

●概要
 近年、チーム医療推進の中で様々な医療改革が進められている。薬剤師の業務は調剤を中心としたものから、患者情報を考慮した処方監査や服薬指導、薬物血中濃度モニタリングによる個別処方設計、注射薬の混合調製など、患者を中心としたものに変化してきた。良質な薬物療法の提供と医療の安全確保に貢献するためには、医療環境の変化への適切な対応が薬剤師に求められる。本講では、薬剤師業務の基礎を中心に、新しい業務展開について講述する。

●授業の一般目標
 臨床現場において薬剤師業務を安全かつ適正に遂行するために、薬剤師の業務概要と社会的使命を理解し、薬剤師として身に付けておくべき基本的知識を修得する。

●準備学習(予習・復習)
 次回の学習項目について教科書に目を通し予習をしておくこと。講義で配付された資料や板書を元に復習すること。予習と復習には一週あたり150分の学習が必要である。

●学習項目・学生の到達目標
学習項目 担当教員 学生の到達目標 SBOコード
1 医療と薬剤師(1) 楠本
医療倫理、薬剤師の使命について説明できる。
医療を取り巻く最近の状況について説明できる。
D1-(1)-1~3
2 医療と薬剤師(2) 楠本
医薬分業の仕組みと意義を概説できる。
他の医療従事者との連携について説明できる。
D1-(1)-5,7
3 医薬品の有効性と安全性 河野修
臨床試験を概説できる。
☆後発医薬品とその役割について説明できる。
C17-(4)-②-1~4
4 医薬品管理業務(1) 河野修
医薬品管理の意義、医薬品の購入、在庫、供給、使用管理について説明できる。 D1-(4)-1
5 医薬品管理業務(2) 河野修
医薬品の品質管理について概説できる。
特別な管理を必要とする医薬品(毒薬・劇薬・麻薬・向精神薬など)について説明できる。
D1-(4)-2~4
6 医薬品管理業務(3) 河野修
特別な管理を必要とする医薬品(特定生物由来製品・放射性医薬品など)について説明できる。 D1-(4)-5~8,10,11
7 注射薬・輸液(1)
本橋
輸液と経管栄養剤の種類と適応を説明できる。
体内の電解質について説明できる。
D1-(4)-17,19,20
8 注射薬・輸液(2)
本橋
輸液の投与設計ができる。
注射薬の配合変化、効能・効果、用量・用法、相互作用を説明できる。
D1-(4)-17,19,20
D1-(3)-2,4,6~8
9 注射薬・輸液(3) 本橋 アミノ酸輸液、脂肪乳剤、高カロリー輸液の適応を説明できる。ビタミンや微量金属元素の欠乏症について説明できる。 D1-(4)-17,19,20
10 製剤業務、消毒薬、院内感染対策
本橋 製剤化の基礎について説明できる。
消毒薬の用途、使用濃度を説明できる。
消毒薬調製時の注意点を説明できる。
院内感染の回避方法について説明できる。
C18-(1)-②-7
D1-(4)-12,13,21,22
D1-(5)-3
11 リスクマネージメント 河野修
事故事例を列挙し、その原因を説明できる。
誤りを生じやすい投薬例を列挙できる。
D1-(5)-1,2,5~7
12 副作用の初期症状とグレード(1) 河野修
副作用の初期症状と検査所見を具体的に説明できる。 D1-(5)-4
13 副作用の初期症状とグレード(2) 河野修
副作用の初期症状と検査所見を具体的に説明できる。
リスクマネージメントにおける薬剤師の責務を説明できる。
D1-(5)-4
C18-(1)-①-2
14 セルフメディケーションとOTC 今西 一般用医薬品と医療用医薬品の違いを概説できる。
治療に必要な患者情報源を列挙し、説明できる。
主な一般用医薬品の使用目的を説明できる。
患者の背景や情報を把握できる。
☆患者の状態を把握し、適切なOTCであるか検討する。
B-(1)-③-5
C15-(2)-①-1,2
C18-(3)-④-2
D1-(6)-9
15 総括・まとめ      

●教科書
書名 著者名 出版社名
医療薬学(第6版) 
乾 賢一 編
廣川書店

●成績評価法方法・基準
 定期試験で評価する(100%)。

●評価のフィードバック
 講評は、掲示にて対応する。

●備考(担当教員に対する質問等の連絡方法)
 楠本:月曜 17時~18時(臨床薬学教育研究センター3F 楠本教授室)
 今西、本橋、河野:月曜 17時~18時(臨床薬学教育研究センター3F 情報処理室)

▲PAGE TOPへ