• 日本文学

    [Japanese Literature]

    開講情報
    • 1年次前期

      講義

      1.5単位選択

    担当教員
    • 非常勤講師瀧本 和成

    備考  

    概要

     明治から大正期にかけて発生した新しい文学を、展開した時代・社会を“立体的な空間”として捉え、作者・作品・読者三者の有機的な関係性のなかで文学作品を分析、考察して行きたい。

    授業の一般目標

    1910年前後(明治40年代)に発表された作品の読解を通して、近代文学作品の分析・意味づけ・論証方法を修得することを第一義とする。併せて文学・芸術(全般)の魅力や楽しさを享受し、その役割や(存在)意義について考察したい。

    準備学習(予習・復習)

     指定する作品を読んで講義に臨むこと。文献を読み込む時間としては毎回概ね1〜2時間程度を想定する。(講義3回毎に1文献を読むことを想定した場合)

    学習項目・学生の到達目標

    学習項目 担当教員 学生の到達目標
    1 日本近代文学 瀧本 日本の近代文学・芸術の特質を把握する。
    2 日本近代文学
    -明治から大正へ-
    瀧本 1912~192年の日本近代文学の特徴を把握する。
    3 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(1) 瀧本 短歌・随筆を鑑賞し、その内容を分析・考察する。
    4 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(2) 瀧本 与謝野鉄幹・与謝野晶子の短歌の特質を理解する。
    5 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(3) 瀧本 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文芸観を把握する。
    6 夏目漱石の文学(1) 瀧本 夏目漱石の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。
    7 夏目漱石の文学(2) 瀧本 夏目漱石作品の特質を理解する。
    8 夏目漱石の文学(3) 瀧本 夏目漱石の文芸観を把握する。
    9 森鷗外の文学(1) 瀧本 森鷗外の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。
    10 森鷗外の文学(2) 瀧本 森鷗外作品の特質を理解する。
    11 森鷗外の文学(3) 瀧本 森鷗外の文芸観を把握する。
    12 芥川龍之介の文学(1) 瀧本 芥川龍之介の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。
    13 芥川龍之介の文学(2) 瀧本 芥川龍之介作品の特質を理解する。
    14 芥川龍之介の文学(3) 瀧本 芥川龍之介の文芸観を把握する。
    15 総括・まとめ

    1

    学習項目 日本近代文学
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 日本の近代文学・芸術の特質を把握する。

    2

    学習項目 日本近代文学
    -明治から大正へ-
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 1912~192年の日本近代文学の特徴を把握する。

    3

    学習項目 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(1)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 短歌・随筆を鑑賞し、その内容を分析・考察する。

    4

    学習項目 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(2)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 与謝野鉄幹・与謝野晶子の短歌の特質を理解する。

    5

    学習項目 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文学(3)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 与謝野鉄幹・与謝野晶子の文芸観を把握する。

    6

    学習項目 夏目漱石の文学(1)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 夏目漱石の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。

    7

    学習項目 夏目漱石の文学(2)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 夏目漱石作品の特質を理解する。

    8

    学習項目 夏目漱石の文学(3)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 夏目漱石の文芸観を把握する。

    9

    学習項目 森鷗外の文学(1)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 森鷗外の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。

    10

    学習項目 森鷗外の文学(2)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 森鷗外作品の特質を理解する。

    11

    学習項目 森鷗外の文学(3)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 森鷗外の文芸観を把握する。

    12

    学習項目 芥川龍之介の文学(1)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 芥川龍之介の小説を鑑賞し、その内容を分析・考察する。

    13

    学習項目 芥川龍之介の文学(2)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 芥川龍之介作品の特質を理解する。

    14

    学習項目 芥川龍之介の文学(3)
    担当教員 瀧本
    学生の到達目標 芥川龍之介の文芸観を把握する。

    15

    学習項目 総括・まとめ
    担当教員
    学生の到達目標

    教科書

    書名 著者名 出版社名
    『明治文芸館ⅴ』 上田博編 嵯峨野書院

    参考書

    書名 著者名 出版社名
    『明治文学史』 上田博・瀧本和成編 晃洋書房
    『大正文学史』 上田博・瀧本和成ほか編 晃洋書房
    その他の参考書・研究書は講義中適宜指示する。

    成績評価方法・基準

     小レポート20%、定期試験80%

    評価のフィードバック

     試験に関する講評をmanabaにて公開する。