• 外国文学B

    [Foreign Literature B]

    開講情報
    • 1年次後期

      講義

      1.5単位選択

    担当教員
    • 准教授今井 千壽

    備考  

    概要

     近年、世界的にファンタジーの価値が再認識されつつあるようである。『ハリー・ポッター』シリーズが世界中で愛読され、『ナルニア国物語』や『指輪物語』、『ホビットの冒険』など古典的名作の映画化が依然として続いていることからもそれが窺える。なぜファンタジーは人の心を惹きつけるのだろうか。それは、単に読者が非現実的世界の中で空想の愉悦を経験できるからというだけではなく、現実のより深い次元における普遍的真実を読み取ることが可能であるからだろう。受講生の皆さんには、ファンタジー=子供っぽい、あるいは荒唐無稽な物語という固定観念にとらわれず、その中に描出された人間、社会、文化の在りようの根本について考えてもらいたいと思う。
     本講義では西洋の作品について、日本の作品とも比較しつつ、多角的に考察していきたい。

    授業の一般目標

     実際にファンタジー作品を取り上げてストーリーを辿りながら、それぞれの物語の深層に存在する意味を考察する。また、大学生にふさわしい教養として、西洋(主にイギリス)の文化、地理、歴史、宗教等に関する知識の獲得を目指す。

    準備学習(予習・復習)

     講義で扱う作品については事前に(翻訳で構わないので)一読し、ストーリーをよく理解しておくこと。また、参考文献を紹介した場合は、それも読んでおくこと。これらの読書に要する時間は概ね一週当り150分程度を想定している。

    学習項目・学生の到達目標

    学習項目 担当教員 学生の到達目標
    1 ファンタジーとは(1) 今井 物語を作る(語る)ことの歴史や意義が理解できる。
    2 ファンタジーとは(2)
    日本のファンタジー(1)
    今井 ファンタジーの一般的な特徴について説明できる。
    民話、お伽噺、『千と千尋の神隠し』などを基に、日本的ファンタジーの特徴を説明できる。
    3 日本のファンタジー(2) 今井 民話、お伽噺、『千と千尋の神隠し』などを基に、日本的ファンタジーの特徴を説明できる。
    4 The Lion, the Witch and the Wardrobe
    『ナルニア国物語』第1巻
    今井 イギリスの風景や文化について学び、作者が理想とする世界の意味を認識できる。
    Edmundの成長について理解することができる。
    5 The Lion, the Witch and the Wardrobe 今井 作品のキリスト教的背景を理解できる。
    西洋における魔女の存在の複雑さについて説明できる。
    6 The Lion, the Witch and the Wardrobe 今井 ナルニアにおける父性/母性、善/悪、光/影のテーマについて説明できる。
    7 Harry Potter and the Philosopher's Stone
    『ハリー・ポッターと賢者の石』
    今井 Harry Potterシリーズが、伝統的な文学のジャンルを融合させた作品であることを認識できる。作品を通してイギリスの風景や文化を知ることができる。Harryのアイデンティティーの確立過程について理解できる。
    8 Harry Potter and the Philosopher's Stone 今井 登場人物が内包する曖昧さを通して、善悪のテーマに対する作者の姿勢を理解することができる。
    9 A Wizard of Earthsea『ゲド戦記』第1巻
    今井 「影」の意味について説明できる。魔法(界)の東洋的な色彩を理解できる。
    10 Paddington Bear
    今井 英文学史における動物物語というジャンルの意味が理解できる。文学解釈の自由さを認識できる。
    11 Gulliver's Travels 
    『ガリヴァー旅行記』
    今井 主人公が訪れる奇妙な国々に存在する二項対立的構造を理解できる。
    12 Gulliver's Travels  今井 作中で主人公の寄港先として描かれる「日本」の意味について考察できる。
    13 Gulliver's Travels  今井 主人公のアイデンティティの構築と崩壊の過程を理解することができる。
    14 Le Petit Prince
    『星の王子さま』
    今井 王子と語り手、キツネ、バラ、ヘビとの微妙な関係の中に、作者のメッセージを読み取ることができる。王子のアイデンティティーの問題について考察することができる。
    15 総括・まとめ

    1

    学習項目 ファンタジーとは(1)
    担当教員 今井
    学生の到達目標 物語を作る(語る)ことの歴史や意義が理解できる。

    2

    学習項目 ファンタジーとは(2)
    日本のファンタジー(1)
    担当教員 今井
    学生の到達目標 ファンタジーの一般的な特徴について説明できる。
    民話、お伽噺、『千と千尋の神隠し』などを基に、日本的ファンタジーの特徴を説明できる。

    3

    学習項目 日本のファンタジー(2)
    担当教員 今井
    学生の到達目標 民話、お伽噺、『千と千尋の神隠し』などを基に、日本的ファンタジーの特徴を説明できる。

    4

    学習項目 The Lion, the Witch and the Wardrobe
    『ナルニア国物語』第1巻
    担当教員 今井
    学生の到達目標 イギリスの風景や文化について学び、作者が理想とする世界の意味を認識できる。
    Edmundの成長について理解することができる。

    5

    学習項目 The Lion, the Witch and the Wardrobe
    担当教員 今井
    学生の到達目標 作品のキリスト教的背景を理解できる。
    西洋における魔女の存在の複雑さについて説明できる。

    6

    学習項目 The Lion, the Witch and the Wardrobe
    担当教員 今井
    学生の到達目標 ナルニアにおける父性/母性、善/悪、光/影のテーマについて説明できる。

    7

    学習項目 Harry Potter and the Philosopher's Stone
    『ハリー・ポッターと賢者の石』
    担当教員 今井
    学生の到達目標 Harry Potterシリーズが、伝統的な文学のジャンルを融合させた作品であることを認識できる。作品を通してイギリスの風景や文化を知ることができる。Harryのアイデンティティーの確立過程について理解できる。

    8

    学習項目 Harry Potter and the Philosopher's Stone
    担当教員 今井
    学生の到達目標 登場人物が内包する曖昧さを通して、善悪のテーマに対する作者の姿勢を理解することができる。

    9

    学習項目 A Wizard of Earthsea『ゲド戦記』第1巻
    担当教員 今井
    学生の到達目標 「影」の意味について説明できる。魔法(界)の東洋的な色彩を理解できる。

    10

    学習項目 Paddington Bear
    担当教員 今井
    学生の到達目標 英文学史における動物物語というジャンルの意味が理解できる。文学解釈の自由さを認識できる。

    11

    学習項目 Gulliver's Travels 
    『ガリヴァー旅行記』
    担当教員 今井
    学生の到達目標 主人公が訪れる奇妙な国々に存在する二項対立的構造を理解できる。

    12

    学習項目 Gulliver's Travels 
    担当教員 今井
    学生の到達目標 作中で主人公の寄港先として描かれる「日本」の意味について考察できる。

    13

    学習項目 Gulliver's Travels 
    担当教員 今井
    学生の到達目標 主人公のアイデンティティの構築と崩壊の過程を理解することができる。

    14

    学習項目 Le Petit Prince
    『星の王子さま』
    担当教員 今井
    学生の到達目標 王子と語り手、キツネ、バラ、ヘビとの微妙な関係の中に、作者のメッセージを読み取ることができる。王子のアイデンティティーの問題について考察することができる。

    15

    学習項目 総括・まとめ
    担当教員
    学生の到達目標

    教科書

    書名 著者名 出版社名
    適宜資料を配布する。

    参考書

    書名 著者名 出版社名
    講義中に指示する。

    成績評価方法・基準

     定期試験(70%)、平常点(授業中の発表を含む)(30%)。

    評価のフィードバック

     講評は、合格発表以降掲示にて公開する。