• 英語2A

    [English 2A]

    開講情報
    • 2年次前期・後期

      講義

      1.5単位必修

    担当教員
    • 教授實川 眞理子

      准教授今井 千壽

      非常勤講師藤原 由美

    備考  

    概要

     英語と時事をBBCニュースを教材として学びながら、立場、文化、習慣等が異なる他者と信頼関係を構築するために必要な能力の基礎を作る。特に、コミュニケーション相手の環境を理解し、相手の考えや感情を理解し、適切な手段により自分の考えや感情を相手に伝えることができる能力の基礎となるように、英語ニュースの受信を素材として自らの意見の発信する経験を積む。

    授業の一般目標

    ・British Englishを聞き取り理解することができる。
    ・他文化を背景とする者の受入れ、環境問題などのテーマについて、自分の問題として論考し、発信することが できる。
    [関連する卒業認定・学位授与方針]DP3・DP4

    準備学習(予習・復習)

     事前学習として、各回の指定Unitの教科書にある練習題を解答し、さらにE-learningシステムに掲載されている準備学習課題を提出し、正答を確認しておく。教員は、すべての出席者が正答を確認済みであることを前提として授業を進める。

    学習項目・学生の到達目標

    学習項目 担当教員 学生の到達目標
    1 Introduction
    Environment-①
    Unit 13: The Threat to Antarctic Penguins
    實川、今井、藤原 準備学習→授業→復習の総合的な取り組みについて理解する。
    地球環境と個々人の行動・責任について、気候変動と生態系についての英語ニュースを理解できる。
    2 Environment-②
    Unit 13
    Unit 9: Measuring Air pollution
    實川、今井、藤原 地球環境と個々人の行動・責任について、身近な環境問題について英語ニュースを理解できる。
    3 Environment-③
    Unit 9
    Unit 4: Tracking Down Dog Owners with DNA
    實川、今井、藤原 地球環境と個々人の行動・責任について、責任ある市民生活についての英語ニュースを理解し内容を理解できる。
    4 Environment④
    實川、今井、藤原 地球環境と個々人の行動・責任について、英語で考察し議論できる。
    5 Food for thought①
    Unit 1:Wonky Vegetables
    實川、今井、藤原 最も身近な食についての英語ニュースの理解から地球規模問題を理解できる。
    6 Food for thought②
    Unit 15: Eating Insects to Save the World
    實川、今井、藤原 食についての英語ニュースの理解から地球規模問題や多様性について理解できる。
    7 Food for thought③ 實川、今井、藤原 地球規模問題について英語で考察し、議論できる。
    8 Midterm Examination
    中間試験
    實川、今井、藤原 前半で学んだ4章の内容と語学的課題を実践的に活用できる。
    9 Importance of Empathy①
    Unit 11: Gay Marriage in Ireland
    實川、今井、藤原 普遍的人権について、英語ニュースの内容と関連事項が理解できる。
    10 Importance of Empathy②
    Unit 11
    實川、今井、藤原 普遍的人権について、英語ニュースと関連事項を英語で考察し議論できる。
    11 Importance of Empathy③
    Unit 14: English for Muslim Women Immigrants
    實川、今井、藤原 出入国管理と移民についての英語ニュースと背景を理解できる。
    12 Importance of Empathy③
    Importance of Empathy④
    Unit 14
    Unit 6:Freedom Tower in NY
    實川、今井、藤原 9/11を振り返る英語ニュースと9/11の背景及びその後の国際情勢を理解する
    13 Presentation
    實川、今井、藤原 授業で学んだ地球規模問題について、個人またはグループの論考を発表する。
    14 Importance of Empathy⑤
    Unit 14 & Unit 6
    實川、今井、藤原 地球規模問題を英語で考察し、議論することができる。
    15 総括・まとめ

    1

    学習項目 Introduction
    Environment-①
    Unit 13: The Threat to Antarctic Penguins
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 準備学習→授業→復習の総合的な取り組みについて理解する。
    地球環境と個々人の行動・責任について、気候変動と生態系についての英語ニュースを理解できる。

    2

    学習項目 Environment-②
    Unit 13
    Unit 9: Measuring Air pollution
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 地球環境と個々人の行動・責任について、身近な環境問題について英語ニュースを理解できる。

    3

    学習項目 Environment-③
    Unit 9
    Unit 4: Tracking Down Dog Owners with DNA
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 地球環境と個々人の行動・責任について、責任ある市民生活についての英語ニュースを理解し内容を理解できる。

    4

    学習項目 Environment④
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 地球環境と個々人の行動・責任について、英語で考察し議論できる。

    5

    学習項目 Food for thought①
    Unit 1:Wonky Vegetables
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 最も身近な食についての英語ニュースの理解から地球規模問題を理解できる。

    6

    学習項目 Food for thought②
    Unit 15: Eating Insects to Save the World
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 食についての英語ニュースの理解から地球規模問題や多様性について理解できる。

    7

    学習項目 Food for thought③
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 地球規模問題について英語で考察し、議論できる。

    8

    学習項目 Midterm Examination
    中間試験
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 前半で学んだ4章の内容と語学的課題を実践的に活用できる。

    9

    学習項目 Importance of Empathy①
    Unit 11: Gay Marriage in Ireland
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 普遍的人権について、英語ニュースの内容と関連事項が理解できる。

    10

    学習項目 Importance of Empathy②
    Unit 11
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 普遍的人権について、英語ニュースと関連事項を英語で考察し議論できる。

    11

    学習項目 Importance of Empathy③
    Unit 14: English for Muslim Women Immigrants
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 出入国管理と移民についての英語ニュースと背景を理解できる。

    12

    学習項目 Importance of Empathy③
    Importance of Empathy④
    Unit 14
    Unit 6:Freedom Tower in NY
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 9/11を振り返る英語ニュースと9/11の背景及びその後の国際情勢を理解する

    13

    学習項目 Presentation
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 授業で学んだ地球規模問題について、個人またはグループの論考を発表する。

    14

    学習項目 Importance of Empathy⑤
    Unit 14 & Unit 6
    担当教員 實川、今井、藤原
    学生の到達目標 地球規模問題を英語で考察し、議論することができる。

    15

    学習項目 総括・まとめ
    担当教員
    学生の到達目標

    教科書

    書名 著者名 出版社名
    Seeing the World through the News 4 Timothy Knowles, et.al. 金星堂

    成績評価方法・基準

     定期試験 50%、中間試験 30% 平常点(準備学習課題、授業への貢献) 20%

    評価のフィードバック

     定期試験の講評は、掲示板またはE-learningシステム上に掲載する。