• 医療社会学

    [Healthcare Issues in Society]

    開講情報
    • 3年次前期

      講義グループワーク

      1.5単位選択

    担当教員
    • 非常勤講師北澤 京子

    備考  

    概要

     1年次前期の「医療と社会」を発展させる形で、医療をめぐる様々な問題を取り上げます。医療も社会の営みである以上、様々なステークホルダーが関わり、その相互の関係によって変化し続けるものであることを、具体的な事例を取り上げつつ学びます。

    授業の一般目標

    ・日本の制度・文化の中で医療サービスが提供される仕組みについて理解する。
    ・健康・医療をめぐる諸問題について自ら考え、表現する。
    ・根拠に基づく医療(EBM)の基本的な考え方とその限界について理解する。

    準備学習(予習・復習)

    ・教科書の指定の章を事前に読んでおくことを前提とします。
    ・毎回講義の初めに前回講義の内容に関する小レポートを書いてもらいますので復習をしておくこと。復習のために1時間程度の学修を想定しています。
    ・日頃より医療分野でいま起こっていることに幅広く関心を持ち、報道や文献等から情報を収集し、自分の考えを持つことができるよう努めて下さい。

    学習項目・学生の到達目標

    学習項目 担当教員 学生の到達目標
    1 少子高齢化社会① 北澤 少子高齢化に伴う諸問題について理解する
    2 少子高齢化社会② 北澤 少子高齢化が医療制度に与える影響について理解する
    3 患者① 北澤 患者の意識と行動について理解する
    4 患者② 北澤 健康診断をめぐる最近の議論を整理する
    5 患者と医療専門職 北澤 患者と医療専門職のコミュニケーションについて理解する
    6 薬剤師① 北澤 医療専門職の役割について理解する
    7 薬剤師② 北澤 医薬分業をめぐる最近の議論を整理する
    8 医療制度 北澤 日本の医療制度の概要を理解する
    9 医療費の質・医療費① 北澤 診療報酬の仕組みを知る、医療の質評価の概要を理解する
    10 医療費の質・医療費② 北澤 混合診療をめぐる議論を整理する
    11 一般用医薬品・健康食品 北澤 一般用医薬品や健康食品をめぐる最近の議論を整理する
    12 健康・医療情報 北澤 健康・医療の情報源を批判的に吟味する
    13 EBM① 北澤 ランダム化比較試験を批判的に吟味する
    14 EBM② 北澤 EBMの診療への適用について理解する
    15 総括・まとめ

    1

    学習項目 少子高齢化社会①
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 少子高齢化に伴う諸問題について理解する

    2

    学習項目 少子高齢化社会②
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 少子高齢化が医療制度に与える影響について理解する

    3

    学習項目 患者①
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 患者の意識と行動について理解する

    4

    学習項目 患者②
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 健康診断をめぐる最近の議論を整理する

    5

    学習項目 患者と医療専門職
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 患者と医療専門職のコミュニケーションについて理解する

    6

    学習項目 薬剤師①
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 医療専門職の役割について理解する

    7

    学習項目 薬剤師②
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 医薬分業をめぐる最近の議論を整理する

    8

    学習項目 医療制度
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 日本の医療制度の概要を理解する

    9

    学習項目 医療費の質・医療費①
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 診療報酬の仕組みを知る、医療の質評価の概要を理解する

    10

    学習項目 医療費の質・医療費②
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 混合診療をめぐる議論を整理する

    11

    学習項目 一般用医薬品・健康食品
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 一般用医薬品や健康食品をめぐる最近の議論を整理する

    12

    学習項目 健康・医療情報
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 健康・医療の情報源を批判的に吟味する

    13

    学習項目 EBM①
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 ランダム化比較試験を批判的に吟味する

    14

    学習項目 EBM②
    担当教員 北澤
    学生の到達目標 EBMの診療への適用について理解する

    15

    学習項目 総括・まとめ
    担当教員
    学生の到達目標

    教科書

    書名 著者名 出版社名
    社会・医療と薬学 北澤京子 京都廣川書店

    成績評価方法・基準

     授業参加等の平常点(約50%)と、レポート(約50%)を総合して評価します。

    評価のフィードバック

     講評は、合格発表日に掲示にて公開します。